1/3

『建築と日常』No.2(特集:建築の持ち主)

¥1,257 税込

A5判/モノクロ/112頁/定価1143円+税/2011年12月1日刊行
ISBN978-4-9906610-9-0

東日本大震災を経て、あらためて建築の所有を考える。建築は〈私〉のものか、社会のものか、あるいは建築家のものなのか。社会学者・立岩真也インタヴュー、坂本一成・塚本由晴の師弟対談、『生きられた家』再読ほか。

■目次
002 巻頭言

004 [アンケート]建築は誰のものか
文=石上純也、井上章一、大月敏雄、岡啓輔、小野田泰明、鯨井勇、篠原雅武、たかぎみ江、長田直之、中村良夫、馬場正尊、平山洋介、藤森照信

022 [年表]近現代日本の建築と所有

034 [創作]保留の場所|利部志穂

040 [解説]所有(『政治学事典』弘文堂)|立岩真也
042 [インタヴュー]建築と所有|立岩真也

064 [写真]人間の位置|qp

072 [対談]〈建てること〉の射程|坂本一成×塚本由晴

090 [多木浩二氏追悼企画]『生きられた家』再読
文=長谷川豪・能作文徳・長島明夫

※詳細・見本
https://kentikutonitijou.web.fc2.com/no02.html

商品をアプリでお気に入り
  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥1,257 税込

最近チェックした商品
    その他の商品